ガソリントレードはCFDで稼ぐ入門投資術

ガソリンと原油で鞘取りをしよう。

ガソリンと言えば、その元になる原油相場との連動性が欠かせません。

ただし需給の関係でこの相場の値幅が変わるときがあります。その時に活用できるのがガソリンの価格と原油価格の値幅を利用した鞘取りでの投資です。

このガソリンを使った鞘取りを使えば、先物取引においてもかなりリスクを押さえたトレードができます。

ガソリンの投資ながらこの鞘取りでのトレードを必ず抑えておきたいところです。

ガソリン先物取引のサヤ取り技法

長期的なガソリン先物取引でしたら、サヤ取りで保守的な取引もいいでしょう。

買いや売りだけで、ひたすら利益を狙う攻撃的なガソリン先物取引は短期的な取引には有効な手ですが、少しガソリンのことを知ったのなら、サヤ取りという方法も一つの手でしょう。

ただし、ガソリンは急な変動があり、慌てるという場面も見受けられます。そんなときにはサヤ取りが有効的な手段となることを覚えておくといいかもしれません。

ガソリン売りであれば、内部要因等を分析し、一番悪い限月を探して売り、そのヘッジとして買う限月を決めていくのです。

サヤ取りすることにより、ガソリン取引における損を減らすことが可能になるわけです。

ガソリンなどの先物取引でのサヤ取りは、ハイリターンを目指すというよりはローリスクの手法といえます。

ガソリン投資の両建て

信用取引で、同じ株を同数、売りと買い同時に建てること、または、売りと買い双方のポジションを同時に持つことを両建てといいます。

この場合、相場の変動による利益も損失も生じません。

ガソリンの先物取引をしていて、思惑と反対にチャートが動いた場合、その場で損きりをし、損を出すのではなく、両建てにして、まずはプラスマイナスゼロと設定をします。

チャートはガソリンに限らず、必ず上か下かへ動きますから、どちらかの方向へ動いたポジションだけ置いておき、両建てを外します。

そうすることによって、ガソリン取引において、損を少しでも少なくし、あわよくばプラスで撤退という技術ができるのがこの両建てです。

ただ、このガソリン先物取引の両建て、急な上げ下げには、追いつかないと言うこともありますから、注意が必要です。

余裕資金と経験がモノをいうガソリン両建てと考えいた方が無難です。

ガソリンと灯油の話

ガソリンは、ほとんどが自動車の燃料として消費されますから、行楽用需要の増減が注目されます。

大型連休となる年末年始、ゴールデンウィーク、夏期休暇などの時期の天候が注目されていますが、ガソリンの高値が続くと、遠出を控える傾向があったり、ガソリンの需要のバランスが変わってきます。

同時に夏場にはカーエアコンの稼働率がガソリンの燃費に影響を与えるため、天候と同時に気温推移も注目されています。

灯油はほとんどが暖房用として使用されるため、冬場の需要が大半を占めています。

このため、冬場の気温推移が最も灯油の需給に影響を与えています。

また、冬場の需要を見越して、毎年秋口ごろからの灯油の在庫を積み上げておくため、この在庫動向も注目されやすく、気温は地域によって大きく異なるため、早い時期から需要が喚起されるため、気温の推移は地域別に注目される傾向があります。

夏場はほとんど灯油の需要は発生しないため、原油価格の動向が主な価格変動要因となっています。

同じ原油からできるガソリン灯油ですが、それぞれ活躍する季節が違うことから取引に対しても内容が変わってきます。