ガソリン先物とは? ガソリントレードはCFDで稼ぐ入門投資術

ガソリン先物とは?

ガソリン先物取引が行われているのは、東京工業品取引所と中部大阪商品取引所です。

商品先物取引はエネルギー、農産物、貴金属など数種類ものの取扱をしています。

先物取引というのは、先を見越しての価格を売買し、最長1年の期間のなかで反対売買をすることによって損益が決まります。

ですから、ガソリン先物取引というと、今の価格ではなく、何ヶ月先の価格を予想をし、高くなると思えば買い、安くなると思えば売るといった取引です。

先物取引では、いつまでに決済をするかと言うことが決められており、黙っていたら強制的な決済になってしまいます。

また、取引できる枚数も商品によって変わり、ガソリン先物取引は、株にあたるのが1klですが、取引単位は50kl が1枚で、株でいうと50株単位で売買することです。

まずは、ガソリン価格のチャートを見ることですが、原油を精製してできるガソリンですから、原油価格の動向のチェックもお忘れなく。