ガソリンと灯油の話 ガソリントレードはCFDで稼ぐ入門投資術

ガソリンと灯油の話

ガソリンは、ほとんどが自動車の燃料として消費されますから、行楽用需要の増減が注目されます。

大型連休となる年末年始、ゴールデンウィーク、夏期休暇などの時期の天候が注目されていますが、ガソリンの高値が続くと、遠出を控える傾向があったり、ガソリンの需要のバランスが変わってきます。

同時に夏場にはカーエアコンの稼働率がガソリンの燃費に影響を与えるため、天候と同時に気温推移も注目されています。

灯油はほとんどが暖房用として使用されるため、冬場の需要が大半を占めています。

このため、冬場の気温推移が最も灯油の需給に影響を与えています。

また、冬場の需要を見越して、毎年秋口ごろからの灯油の在庫を積み上げておくため、この在庫動向も注目されやすく、気温は地域によって大きく異なるため、早い時期から需要が喚起されるため、気温の推移は地域別に注目される傾向があります。

夏場はほとんど灯油の需要は発生しないため、原油価格の動向が主な価格変動要因となっています。

同じ原油からできるガソリン灯油ですが、それぞれ活躍する季節が違うことから取引に対しても内容が変わってきます。