ガソリンの先物とは? ガソリントレードはCFDで稼ぐ入門投資術

ガソリン先物市場

ガソリン先物市場の高騰は、諸物価の高騰の引き金になります。

現に、ここ数年ガソリン先物市場は高値をつけています。

原油価格との関係が多い中、原価価格高騰を受け、ガソリン先物市場も高くなっているのは事実です。

ただガソリン先物市場はとても規模が小さいと言うこともあり、その変動は大きいともいえます。

ですから、暴騰急落は当然の動きとして、ガソリン先物市場を見ることが大切です。

2008年に入り、原油、ガソリンともに高値が続き、食料品などの値上がりも続いています。

先物市場で、損益のための値上がりなら嬉しいですが、実生活の上では、ガソリン先物市場の値上がりはなんとも複雑な心境となります。

ガソリン先物取引について

ガソリン先物取引は、2008年8月で1klあたり8000円で、必要証拠金は20万円程度で始められます。

ガソリン先物取引の売買単位は、50klで、株で言うと、50枚で、呼び値は10円刻みとなっています。

ガソリンの先物取引
の値幅制限は3600円となっていまして、実際にガソリン先物取引を行う上では手数料が別にかかります。

2008年に入り、原油は高値更新記録を塗り替え、日本においてもガソリン価格高騰が続いていました。

為替動向とも関係のあるガソリン先物取引では、下落場面においても急落といった感じが見え始め、ガソリン先物取引の難しさがここにあります。

余裕資金でのガソリン先物取引をしないと、大火傷をする事になります、ご注意を。

ガソリンで稼ぐ!

投資で稼ぐというのは、並大抵のことではできやしません。

投資といっても色々な種類がありますが、ガソリンなどの商品先物取引では、ハイリターンが期待できる取引です。

ガソリンの最低単位は10枚、約20万円が、稼ぐための初期費用です。

稼ぐということは、この20万円をガソリン先物取引でどう増やすかという事ですが、来月までには1000万円なんていうのは極端な稼ぐ方法です。

ガソリン価格の動向は原油価格や季節的にも大きく変動するもので、予想は難しい商品と言われています。

ですから、ガソリン先物取引で稼ぐというのは、月に何%増、倍増で稼ぐの可能かもしれません。

ガソリン取引で、毎月倍倍で稼ぐ、とは少ないと思いがちですが、数年後、そのまま倍で行くと、相当な金額になる事をお忘れなく。

ガソリン先物取引の売買

ガソリン価格を売買することにより、利益がでるガソリン先物取引。

一口でいうと、そんな感じですが、そう簡単なものではありません。

商品先物取引は、取引価格がかかるのではなく、証拠金を預ける事により取引が成立します。

ガソリン先物取引ですと1単位50枚という数で売買します。そのときに約20万円ほどの保証金がかかります。

やみくもに売買するのではなく、ガソリン価格のチャートやガソリンと密接な関係にある原油や為替のチャートを分析した上で、売買します。

そんなときには、ガソリン先物取引業者のサイトのレポートや情報のサイトが役立ちます。

上手くいけばリターン、反対に行けばハイリスク、ガソリン先物取引の売買はそう言われています。

ガソリンの先物取引

ガソリンの取引というと、ガソリンスタンドの価格表が目に浮かびます。

また値上げという状態は、年頭は毎日のニュースでしたが、その原因は原油高です。

そして、ガソリンの先物価格も高騰している状態で、まだ元通りとはいかない様子です。

ガソリンの先物取引は、先の価格を見越して、取引するもので、この暴騰劇を上手く征した方は、かなりの利益となったでしょう。

ただし、ガソリンの先物取引で恐いのは、急落時の対策です。

先の価格ですから、買いでガソリン先物取引をした場合、下落時は損失が増えます。

そのときの対策を考えずに、上がっているから買い、というのは思わぬ損失を抱える事になります。

チャートや世界情勢、原油価格を見て、ガソリンの先物取引をうまく利益で切り抜けられるよう頑張りましょう。

ガソリンの商品先物取引

商品先物取引のなかには、さまざまなものがありますが、エネルギー部門の中にガソリンがあります。

ガソリンの将来の価格を売買するのが商品先物取引です。

ガソリンの商品先物取引の取引単位は50klで1枚です。仮に、ガソリン価格が1kl7万円だとすると、350万円が総取引金額になります。

そこで実際にガソリンの商品先物取引なら、先物取引が証拠金取引によって行われますから、1枚15万円ほどで、350万円程度の取引が可能になります。

実際にガソリンが手に入るわけではなく、この売買の取引で、反対売買による決済で損益が決まるのが先物取引です。

買いだけではなく売りからも取引ができる商品先物取引ですから、投資の楽しみも2倍です。

ガソリン先物とは?

ガソリン先物取引が行われているのは、東京工業品取引所と中部大阪商品取引所です。

商品先物取引はエネルギー、農産物、貴金属など数種類ものの取扱をしています。

先物取引というのは、先を見越しての価格を売買し、最長1年の期間のなかで反対売買をすることによって損益が決まります。

ですから、ガソリン先物取引というと、今の価格ではなく、何ヶ月先の価格を予想をし、高くなると思えば買い、安くなると思えば売るといった取引です。

先物取引では、いつまでに決済をするかと言うことが決められており、黙っていたら強制的な決済になってしまいます。

また、取引できる枚数も商品によって変わり、ガソリン先物取引は、株にあたるのが1klですが、取引単位は50kl が1枚で、株でいうと50株単位で売買することです。

まずは、ガソリン価格のチャートを見ることですが、原油を精製してできるガソリンですから、原油価格の動向のチェックもお忘れなく。