ガソリンの投資信託は? ガソリントレードはCFDで稼ぐ入門投資術

ガソリンの投資信託とは?

ガソリンや小麦などコモディティの先物指数などを実質的な投資対象とすることで、その価格変動を反映する投資信託があります。

これらの投資信託は、ガソリンなどのといったエネルギー資源や金属、また大豆などの農産物などに関する、国際的に取引されている主要な先物指数と連動するように設計された債券や投資信託受益証券などを投資対象としています。

商品先物取引市場の価格変動によって成績が変化しますので、ガソリン価格などの上昇は、投資信託の運用がよくなります。

このようなガソリンなどの投資信託に投資することで、「身の回りの商品の値上げによる生活の負担増」に対するリスクヘッジとして活用することも有効でしょう

リスクヘッジとまではいかにいにしても、ガソリン価格上昇は苦々しい感でもします。

ガソリンファンドとは?

商品ファンドとは、文字通り「商品」を運用対象としています。

商品ファンドの商品とは、ガソリンなどのエネルギー、貴金属、非鉄金属、農産物といったものがあります。

しかし、実際はこうしたガソリンのような商品だけではなく、金融市場も運用対象としています。

日本では商品ファンド法により、商品ファンドは50%以上をガソリンなどの商品へ投資するファンドと定義されており、運用規制があります。

海外では商品ファンドは「マネージド・フューチャーズ」と言い、直訳すると「先物ファンド」となります。

つまり、運用対象は商品市場ばかりではなく、金融市場も含まれ、さらに世界のガソリンなどの先物市場を利用するケ−スが多いためです。

もちろん、現物市場も利用するのですが、ガソリンなどの先物市場の方が、法整備、価格の透明性、資金の効率利用の観点から使いやすいという考え方があります。